金陽製薬株式会社金陽製薬株式会社

お問い合わせ

ABOUT US

企業情報メニュー

Greeting

 当社は、医薬品メーカーとしてコンプライアンスに取り組み、万全たる品質と、安全で有効性の確かな商品をお届けすべく、創業以来80年あまりの歴史を皆様と共に歩んでまいりました。
 一方、少子高齢化がますます進む中、当社を取り囲む環境は著しく変化しております。医薬品につきましては、必要とされる方々へ最適医薬品をお届けすることが、より一層求められております。また、予防医学の見地より、セルフメディケーションの重要性がより一層認識され、一般医薬品に対するニーズの多様化が必然の状況であります。
 このような中、当社は蓄積されたノウハウと共に最新の製剤技術と情報を活かし、常に皆さまのニーズにお応えできるよう環境変化に対応すべく、医薬品、医薬部外品、健康食品など新製品開発に努力を重ねてまいりますと同時に、地域に密着した社会的責任を果たしながら、全力を尽くしてまいります。
 今後とも尚一層のご指導とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。代表取締役
北山英樹

Company Profile

You can scroll the table left and right.

会社名金陽製薬株式会社KINYO PHARMACEUTICAL CO., LTD.
所在地本社
テクノ工場
〒637-0014 奈良県五條市住川町1420番地
TEL:0747-22-3451 FAX:0747-25-1232
創業昭和6年8月
設立昭和22年3月
代表者代表取締役 北山英樹
資本金2800万円
営業品目医薬品、医薬部外品、栄養飲料、健康食品の製造販売
従業員53名
取引銀行南都銀行五条支店
紀陽銀行五条支店
三菱UFJ銀行大和高田支店
日本政策金融公庫奈良支店
商工中金奈良支店
奈良中央信用金庫 新庄支店

History

創業80年を超える歴史。私たちが目指したのは、
太陽のように明るく全てのお客様を照らす、地域社会を照らす、
そんな「信頼される明るい会社」です。

金陽製薬株式会社の歴史

金陽製薬株式会社は創業から80年を超えました。
北山藤一郎が昭和6年にサーブ製薬研究所として個人創業し、「大和の置き薬」のメーカーとして家庭配置薬の製造が当社の始まりです。
昭和22年3月に金陽製薬株式会社を設立。
社名の由来は、所在が大阪府と奈良県の間にある金剛山の南側に位置し、「山の南側は陽当たりが良いので大木もすくすく成長する」とその大木のように成長する会社になるとの決意をこめ、「金剛山に太陽が燦々とふりそそぐ場所」を表す”金陽”と名付けました。
その名のとおり、太陽のように明るい会社でありたい・・・。
金陽の製品をご利用頂いている消費者の皆様や、また仕入先・販売先などのお取引様から、そして社員をはじめ金陽製薬にかかわる地域社会の皆様から「信頼される明るい会社」でありたい、と考えております。

栄養ドリンクを基盤とした社会への貢献

当社創業時に提供していた「置き薬」は江戸時代からの歴史があり、医療が充実していない時代に自分の健康は自分で守ろうという現在のセルフメディケーションの考えにつながっています。
今、そのセルフメディケーションの重要性が叫ばれております。
高齢化社会、環境悪化に起因すると思われる慢性疾患の増加などから"病を防ぐ"予防を意識した商品に対するニーズが増え、当社でもそういったニーズに応えるべく、信頼される医薬品・医薬部外品・健康食品づくりを心掛けております。
当社の製品が皆様のさらなる健康の維持・促進にお役に立てるよう技術の向上を図って参ります。
また、製造委託頂けるお取引様には、当社の長年培ってきた栄養ドリンクのノウハウや技術をベースに、利益を産む栄養ドリンクビジネスをコーディネートさせて頂きます。
栄養ドリンクをベースに地域社会にいっそう貢献できるよう努めて参ります。

沿革

昭和6年8月初代社長 北山藤一郎 が奈良県宇智郡五條町二見168番地に サーブ製薬研究所を創業。
昭和22年3月同所にて 金陽製薬株式会社 を設立。
昭和36年4月アンプル入り内服液剤の製造開始。
昭和40年1月医薬品、滋養強壮ドリンク剤の製造開始。
昭和42年1月五條市中町345番地に金陽製薬株式会社阪合部工場を建設、ドリンク剤の製造設備を新設。 設備を完了。
昭和46年10月二見本社工場を阪合部工場に移転統合し五條工場とする。
昭和50年5月代表取締役社長に北山宏和が就任。
昭和52年7月五條工場の増改築を完了。ドリンク剤の製造ラインを更新。
昭和59年10月アンプル入り内服液剤の設備更新。
昭和61年12月入浴剤のオートメーション製造設備を完了。
平成3年9月ミニドリンク充填ラインを更新。
平成8年12月新GMPに伴なう製造業の業許可の更新。
平成10年3月テクノパークならに 8,068㎡ の工場用地を取得。
平成11年12月テクノ奈良工場 完成。
平成12年5月100mlドリンクライン操業開始。
平成17年1月代表取締役社長に 北山英樹 が就任。
平成17年4月第二種医薬品、医薬部外品、化粧品製造販売業許可。
平成18年3月テクノ奈良工場 ミニドリンクライン新設完了。

Access Map

金陽製薬株式会社金陽製薬株式会社 本社・テクノ奈良工場〒637-0014 奈良県五條市住川町1420番地
TEL:0747-22-3451 / FAX:0747-25-1232
自動車をご利用の場合
京奈和自動車道「五條北IC」で下車後、約5分。駐車場有り。
電車をご利用の場合
JR和歌山線「北宇智駅」で下車後、徒歩で約10分

ページの先頭へ